ミュージシャン、チャーリー・フクバ。

自分が弾くために最高のウクレレを作り始めたのがI’iwiブランドの始まり。
実直に、ただただ実直に作り続けたウクレレは、現在ゴールデンエラとも言える、
過去最高のサウンドと品質にまで登りつめています。

ブランド名でもあり、一目で分る特徴のヘッドインレイはハワイ固有の鳥イィヴィ。
そして代名詞のリーフロゼッタはマイレレイ。
その他、ハワイアンペトログリフや、ポイパウンダーをモチーフにしたロゼッタなど、
確固たるハワイのテーマが彩るウクレレには、島国のプライドが宿っています。








'I'iwiウクレレはチャーリーが全工程一人で、丹念に手作りしている楽器です。

一見気づかないトップ板のアーチや、指板のラディアス、
サドルの加工など随所に工夫が凝らされています。

可憐なインレイワークの他に、ウクレレの要となるコアもプレミアムグレードを使用しておりますが、
残念ながら最近では価格高騰により、個人作家では手が届かなくなってきています。

3ピースバックは、そんな事情で派生したスペックですが、今では逆にサウンド、
ビジュアル共に優れた特徴となっています。





作りを簡素にし、様々な種類の材を使ったアーティサンシリーズと、
プレミアムコアを使った最高スペックのプレミアムシリーズがございます。

それぞれに、ソプラノ、コンサート、コンサートロングネック、
テナーの4サイズが作られています。

インレイは3種類
3A: マイレレイ
3B: ペトログリフ
4: ポイパウンダー

ヘッドの’I’iwiと共にあるフラワーはママネ(黄)とレフア(赤)の2種類がございます。

根底に音楽が流れているアロハなウクレレ。
特に3プカ(サウンドホール)のテナーは絶品です。



 


ツイート