Morris Day Vol.3

2019.11.09

Morris Day Vol.3

今年も開催!モーリスデイ!

長年モーリスギターを愛用し、ソロギタースタイルからバンドスタイル、弾き語りスタイルまで幅広い演奏スタイルにて活躍するエバラ健太氏と、モーリスルシアーの中でもトップであり、彼の特注モデルも製作した森中巧氏によるインストアライブ&トークセッションを開催!
モーリスの人気シリーズ、Sシリーズなどを中心にエバラ氏による試奏レビュー会も敢行致します!

さらに今回もモーリスマスタールシアーである森中氏によるカスタムオーダーを直接受け付けを行います!
松本工場からの使用木材の直接選定も可能なうえ、会場にて森中氏が直接アドバイスいたします!
あなただけの特別な1本を作ってみませんか?


【Mini Live】
開催日:11月9日(土) 14:00~
定員数:20名
ゲスト:エバラ健太、森中 巧

電話でお問合せのお客様 >>> 03-5577-9666(担当:城谷・伊藤)

※先着順にてご予約を承っております。
※定員に達し次第予約は打ち切らせていただきます。
※情報の反映は迅速を心がけておりますが、タイムラグが発生する場合がございます。
何卒ご理解、ご容赦をお願い申し上げます。


【Profile】エバラ健太 Kenta Ebara

1983年、東京生まれ。地元と第2の故郷徳島を拠点とするギタープレイヤー・シンガーソングライター。
CMやテレビ番組などの音楽制作、アーティストらの楽曲アレンジ( アンジェラ・アキ、沢田知可子、KOKIA、GAKU-MC ほか)、ギターサポート( 沢田知可子、河口恭吾、Crystal Kay、岡本真夜、元ちとせ、WATARU ほか)、教則本の執筆などを手掛ける。

幼少期から音楽環境に恵まれた家庭に育ち、Blues, Rock, Countryなど様々な音楽を咀嚼。
アメリカ在住の父の元で過ごすなど、ひたすらギターに夢中な少年期を過ごす。
やがてアンジェラ・アキに見出され、オープニングアクトを務めたことからキャリアをスタートさせる。

全国で展開されるライブでは、ループサウンドをデジタルマシンで精巧に編み上げる多重録音や、フィンガーピッカーとしての高度なテクニック溢れるソロギターを披露。
心に染みる声と詞に満ちた独特の世界観を魅せている。

2015年春には、国内最高峰のアコースティックギターチャンピオンシップとして知られる「Morris FingerPicking Contest 2015」で、最優秀賞・オリジナルアレンジ賞を受賞。
その翌年にドレミ楽譜出版社より発売されたフィンガーピッキングの教則本は、発売以来、常にランキング上位にランクイン中。
現在は、作詞・作曲のみならずアレンジ・レコーディング・ミックス、執筆までを自ら手がけるマルチな才能を活かし、アレンジャー・ギタリスト・ライターとしても熱い視線を送られている。
 
(エバラ健太|Official Websiteより引用)
 

 


【Profile】森中 巧 Takumi Morinaka

1972 年7月12日生まれ、大阪府枚方市出身。
高校時代にエレキ・ギターを始め卒業後にキャットミュージックカレッジ専門学校へ入学し、ギター作りの基礎を学ぶ。
同校を卒業後、92年にモーリス楽器製造へ入社。
まずは塗装部門に配属され6年間を過ごし、続いて木工部門でボディ作りを5年間担当したのちに、手工部門へと配属。
14年に課長に昇格し、以後現在まで、ルシアー・メイド・シリーズやミュージシャンへのワンオフ・モデル、各種プロトタイプの製作に従事している。

(リットーミュージック『にっぽんのギター工房』より引用)