Lowden Sound Clinic 6 with 小川倫生

2020.04.05

Lowden Sound Clinic 6 with 小川倫生

【重要なお知らせ】

昨今の新型コロナウイルスの影響により、こちらのイベントですが"延期"とさせて頂く事となりました。

小川氏と相談の上、一度にたくさん人が集まるイベントである事や、遠方から来られる方がいらっしゃる事、近況を考慮した上で今"延期"の判断の上ご案内させて頂きます。

お申込み頂いたお客様には大変ご迷惑をおかけしますが、日程を再調整の上優先的にご案内させて頂きますのでご理解とご協力頂けます様お願いいたします。

また現在お申込みをご検討のお客様は、連絡先をお知らせ頂けましたら新しい日程が決まり次第ご連絡させて頂きます。

詳細はアコースティック館までお問合せ下さいませ。

 



【延期に伴うお問合せについて】

電話でお問合せのお客様 >>> 03-5577-9666(担当:日出・井上)

メールフォームからのお問合せ>>> こちらから

 


 

ローデンギターの魅力を紐解きます!

アコースティックギタリスト 小川倫生氏をお招きし、ローデンギターの魅力を紐解きます。

アイリッシュミュージックへの造詣が深い小川倫生氏の楽曲演奏や、
当店在庫の中からローデン最新モデルの弾き比べ等、
小規模ながらアットホームな空間で、「生」のローデンサウンドを堪能して頂けます。

当イベントは、Lowden サウンドを肌で感じ取れる一日となることでしょう。
皆様のご来店を心からお待ちしております。

 


 

【サウンドクリニック】

開催日:4月5日(日) 14:00~

場所:アコースティックプラネット  アコースティック&ベース1号館 1階
定員数:20名(定員に達した際はキャンセル待ちの受付となります。

電話でお問合せのお客様 >>> 03-5577-9666(担当:井上・日出)

---------------------------------------------------------------------------

※ご予約は先着順にて受け付けており、定員に達し次第予約受付を終了とさせて頂きます。
※情報の反映は迅速を心がけておりますが、タイムラグが発生する場合がございます。
何卒ご理解、ご容赦をお願い申し上げます。

 


 

小川 倫生 -Michio Ogawa-

1974年 : 栃木県鹿沼市生まれる。5歳よりクラシックピアノを習い始める。

1989年 : 14歳でギターを手にし、独学でマスターし、ほとんど同時に作曲を始める。

1990年 : 自主制作レーベル「Greenwind Records」設立。

1998年 : 同レーベルから『太陽と羅針盤』をリリースし、ソロ・ギター界で話題になる。

1999年 : ギタリストのPeter Fingerが主宰するドイツのレーベルAMRの コンピレーションアルバム『Acoustic Guitar MADE IN JAPAN』に参加。

2007年 : 2006年の暮れにリリースされた4枚目のアルバム『PROMINENCE』がピーター・バラカン氏の番組「バラカンビート」で、タイトル曲の「PROMINENCE」が取り上げられる。

2012年 : オキャロランの曲をフィーチャーした、初のカバーアルバム『Si Bheag,Si Mhor/シーベグ・シーモア』を発表する。

2014年 : プロデューサーとして東日本大震災復興支援プロジェクトCD「木を植える音楽」を担当。

2015年 : 初のギターデュオアルバム『LAST TRAP/小川倫生&伊藤賢一』をリリースする。

2016年 : 『スプリングサインズ』に「スプリングアナライズ」をプラスし2枚組として再版。

2017年 : 2014年より活動している「木を植える音楽」プロジェクトのドキュメンタリー本が出版される。

2019年 : 8月、7作目のアルバム『冬の言葉』をリリースする。

2020年 :「LOWDEN GUITAR SOUND CLINIC with MICHIO OGAWA」が大好評につき今回6回目の開催を迎える。

現在までに、7タイトルのアルバムを発表。ギターの可能性を広げる音響とそれを支えるテクニックに裏づけられた情緒的かつ繊細な楽曲が注目を集めている。