E.N.T EFFECTS

【数量限定特価】『真打』 Over Drive【即納可能!】《トランスペアレント系オーバードライブ》【Webショップ限定】

ギタープラネットWebショップより未展示品をお届けいたします!!

  • 新品特価
  • Webショップ
  • 送料込
SALE通常価格35,200円 ⇒ 特価28,989円!
特価 (税込)
販売価格 28,989円(税込)
定価 OPEN円(税込)
獲得pt 264ポイント(1倍)

取り扱い店

ギタープラネットWEBショップ

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-10 十字屋ビル3F
TEL 03-3259-0031
FAX 03-5282-3890
E-mail webshop@guitarplanet.co.jp
営業時間
・平日/土曜 11:00 〜 20:00
・日曜/祝日 11:00 〜 19:00

「真打」Over Drive


2010年代に発案されたTimmy ODを発端に所謂「トランスペアレント系」と呼ばれる、独立したBass、Treble コントロールを備えたオーバードライブがここ10余年でブティック系ブランド界隈のメインストリームとなりました。トランスペアレント系ODの持つ倍音、適度なコンプレッションとレスポンス、そして何よりも透明感のある音質は瞬く間に人気を博し、その回路構成は今なお模倣され続けているほどの傑作としてエフェクタービルダーから認知されています。
 
 「真打」は、従来のトランスペアレント系オーバードライブとは異なる回路構成でアプローチを試みたペダルです。通常のトランスペアレント系オーバードライブではゲインを上げていった際に歪み量が稼げず、低域がブーミーになってしまうことや、独特なTreble、Bass コントロールにより幅の広いサウンドメイキングができるわけではなく、実際には局所的な使用に限られること。これらを改善しながらもトランスペアレント系から継承する「艶のあるミッドレンジ」と「倍音」が前提にあり、その上で反応性をさらにアップデートし、コンプレッション感を取り除いたサウンドデザインを実現するためには、回路を一から見直す必要がありまし
た。

 サウンドとしてはまずBass、Treble コントロールをそれぞれ12時方向にした場合、原音に対してニュートラルな質感であることがご理解頂けると思います。これはトランスペアレント系の回路では歪みを作る増幅段でLow-Mid をカットし透明感を作り出すという手法に対して、本機ではLow~Low-Mid間をBass コントロールで調節できるようなアクティブ回路を採用しているため、従来のエフェクターよりも「音の太さ」にフォーカスさせています。

 併せてTreble コントロールですが、従来のパッシブフィルターでは「真打」のコンセプトの一つである「高解像度」を引き出しきれないため、高域に含まれる鈴なり感や煌びやかさを調節できるようなアクティブコントロールを搭載しています。7時方向(Level 0)ではフォームな質感から、5時方向(Level Max)では金属的な高音域をアウトプットでき、サウンドメイキングが破綻しない範疇でコントロールが可能です。つまり本機は、トランスペアレント系をインスパイアしながらも全く異なる方向性のサウンドイメージであると言えるでしょう。

 このコントロール部分の大胆な変更は、「真打」特有のミッドレンジがあってこそです。搭載された高速オペアンプ「AD823」の高く安定した性能により力強い中音域を実現し、高速オペアンプならではのより低域と高域の広いレンジを持たせています。

Volume : Bカーブのポットを使用しているため、8時~9時方向で原音とフラットなボリュームとなります。
本機をブースターとして使用する場合は、少しDriveを上げるとボリュームが増加します。
Drive : 通常のトランスペアレント系オーバードライブと比較し約2倍以上のゲインを出力します。
Treble : 12時方向を基調としたコントロールです。Bass コントロールと独立したサウンドメイキングが可能なので、
      最終的な音質の決定としてお使いいただけます。
Bass : Low-Mid より下の帯域をブーストさせるアクティブ回路を採用しています。
上げていくとともに低域の音量も増加しますので適宜調節してください。

・本製品はDC9Vの電源で駆動します。安定したACアダプターまたは9V電池をお使いください。
・複数のエフェクターを接続する場合はACアダプターをお使いください。
※本機のみ電池駆動ですと、他のエフェクターの相性によってはノイズが発生する可能性があります。


オペアンプ
「真打」の心臓部であるオペアンプには高速オペアンプの中でも、さらに高性能なHi-FiOP 「AD823」を使用しています。前作のAggressive Over Driveに使用したオペアンプ「AD712」からスペック上で大幅にアップグレードさせた「AD823」は、真打のレスポンス、レンジの広さ、高解像度、歪みの滑らかさなど、今作のサウンドキャラクターの根幹を担うオペアンプです。余裕のあるヘッドルームにより、透明感がありながらもドライブ感を得られる音質に仕上げています。


クリップ
アナログオーバードライブの歪みを作り出す上で重要なコンポーネントの一つとして、クリッピングに使用されるダイオードが挙げられます。多くのトランスペアレント系ではTimmyオーバードライブに倣ってダイオード「1N4148」(画像左下)を4つ使用しています。これにより独特な倍音感が生まれますが、オーバードライブと称するには物足りないゲイン量しか生み出せないことがネックとなっていました。そこで真打では「1N4148」にプラスして、エフェクターでは使われることの少ないパーツであるダイオードブリッジ(画像右上)を搭載することによってさらにクリッピング枠を増設し、よりオーバードライブと呼ぶに相応しいゲイン量を獲得することに成功しました。倍音感はそのままに、ナチュラルなドライブを得られるミドルゲインオーバードライブへと昇華させています。


コンデンサー
エレキギター・ベースの音質改善の一つとしてボリュームポットやトーンポットを取り払い、ピックアップを直接ジャックに配線を施している方を見たことはないでしょうか。ポットの残留抵抗を懸念して、ピックアップのピュアな音を追及するポピュラーなギターの改造ですが、「真打」はこの手法に着目して開発をスタートさせました。つまり、回路内でのギターの電気信号を伝達するシグナルラインに出来る限り抵抗やフィルターを配置せずに構成した場合、よりギター本来の素直な音質になるのではないかという発想です。結果的に、この手法によりアンプ直のレスポンスに肉薄する音質を得ることに成功しました。特にピッキングでニュアンスを出したい方や、歪みをコントロールしたい方にも満足頂ける反応速度となっています。E.N.T EFFECTSで標準で使用しているハイスペック・パーツであるDALE製の抵抗、WIMA製のコンデンサも健在です。


コンデンサー
Aggressive Over Drive と同様に、「真打」でもアウトプットジャックは絶縁タイプのジャックを使用し、「1点アース方式」を採用しています。インプットジャックのみからアースを取ることで回路内の電圧を一定に保ちつつ音質改善を行っています。エフェクターで標準となっている9V電圧程度では1点アース方式は大袈裟な手法ではあります。しかしながらユーザーからは目に見えない部分、例えばハンダは銀4.7%入りのものを使用したり、オペアンプのソケットは国産の金メッキにものを採用したりなど、絶縁ジャックも同様に、少しでも音質向上のためという思いを込めてコンポーネントを選定しています。ハンドメイドならではの製品として面白味を感じて頂ければ幸いです。


付属品:正規保証


お問い合わせダイヤル:03-3259-0031

※当商品は通信販売に限りご用意が可能でございます。実店舗での実機確認・試奏はお受け出来ませんので予めご了承ください。


商品情報

種別
エフェクター/チューナー
タイプ
ディストーション/オーバードライブ
カラー
生産時期
程度
NEW
付属品
保証/保証書
あり
登録日
2024/06/26
更新日
2024/06/26
登録No.
51818
送料区分
送料当社負担 

この商品のレビューレビューを投稿する

レコードがありません。

レビュー投稿

当サイトに対するご意見・ご感想などもお気軽にお寄せ下さい。
ご入力いただきました情報につきましては、プライバシーポリシーをご確認ください。

は必須項目です。