ジョージ・ローデンをはじめ、少数精鋭のスタッフによって、
丁寧に製作されるアイルランド製ギターブランドGeorge Lowden Guitars。

シンプルながら高級感の漂う、独特の曲線美を持つシェイプと、
着色を行わず木材そのものの持つ木目と色味を生かした、
温もりの伝わってくるオリジナリティ溢れるデザイン。

そして何よりも、細かなタッチの変化にも反応してくれるレンジの広さと豊かな表現力、
伸びやかでクラシックギターにも似た透明感のあるサウンドは、Lowdenギターならではの一番の特徴です。




ローデンギターの中で一番小振りなサイズ。
スケールは630㎜(ナイロン弦のJAZZモデルは650㎜)で弦のテンションも柔らかく、
ハンマリングやチョーキング等もしやすくなります。
迫力はサイズの大きなモデルには劣るものの、いつまでも爪弾いていたくなるような、
小振りなサイズならではの明瞭で繊細なキャラクターがSサイズの一番の魅力です。
箱なりの特徴を最大限に生かすために、FやOに比べて若干厚みを持たせています。



ローデンギターの中で中間のサイズ。
低音から高音まで、サウンドバランスに優れているのがこのサイズの魅力です。
そのフラットなバランスは様々なジャンルに置いて幅広く使い易く、
右手のタッチでのコントロールにも素直に答えてくれます。
スケールは650㎜で、弦のテンションが強くなる分ハリのある力強いサウンドになります。
近年ではユーザーから一番支持されているサイズです。



ローデンギターの中で一番大きいサイズ。
深みのあるドッシリとした低音と音の広がりが、
ボディの大きいOサイズのサウンドの一番の特徴です。
その低音寄りのバランスは歌のバッキングにも相性が良く、
またレギュラーチューニングだけでなくオープンチューニングでの使用時にも、
音の深みや広がりが際立ち、Oサイズならではの個性が生かされます。



Lowdenギター シリーズ別の特徴

ローデンギターには大きく分けて、3つのシリーズがあります。
伝統的な作りを踏まえたオリジナルシリーズ。
ストック木材の中から選びぬかれた極上の材を使った35シリーズ。
35シリーズの中でも更に突出した良材を選定した50シリーズに分かれています。






ボディにマホガニー材、トップにシダー材を組み合わせた22シリーズ。 共にアコースティックに採用される木材としては比較的柔らかく、 ボディに採用されているマホガニーは質量も軽い為、 軽快で甘く優しいサウンドに仕上がっております。





ボディにローズウッド材、トップにシダー材を組み合わせた25シリーズ。 硬質で質量の重いローズウッドのサウンドは、低音が深く、倍音豊かで輪郭が際立ち、 22シリーズと同じシダー材を採用しながら、 そのキャラクターは全く異なったものになっております。





最も定番的と言っても良いローズウッド材とスプルース材を組み合わせた32シリーズ。 トップのスプルース材は、シダー材に比べ硬質な素材で、より遠達性に優れ、芯の強い迫力のあるサウンドになります。 ジャンルを選ばずオールマイティに使い易いシリーズでもあります。











スタンダードシリーズに採用されるもの以外の種類の木材や、ネックシェイプ等の仕様を細かくカスタム出来る35シリーズ。サウンド、演奏性のお好みに応じて自分だけの1本を製作する事も可能です。また、ロゼッタにアバロンの装飾が入り、素材のグレードもより厳選されたものになります。









Lowdenギターの最高峰シリーズ。 35シリーズ同様、素材や仕様をカスタム可能ですが、素材のグレードも最も高いグレードになり、カスタムの内容もボディのコンター加工やインレイ等、より細かく指定する事が出来ます。






ツイート